誰でもわかるFlashで3D表現【FIVe3D】 | 東京都世田谷区 ホームページ制作 [k]id

誰でもわかるFlashで3D表現【FIVe3D】

Category Flash Tips Update 2008.06.13

twitterfacebookgoogle+はてなブックマークPocketであとで読むfeedlyで購読

FlashでFIVe3Dクラスを扱う際に、英語ドキュメントを読んでもいまいち

理解が出来なかったので、覚え書きとして、一つ一つ組み上げていきたいと思います。

とりあえずAS2で全体像を理解し、AS3に発展させていきたいと思っています。

 

まずFIVe3DからFIVe3D_package_v1.0をダウンロード

手始めにクラスを利用し、文字を表示する所から

1フレーム目に下記を記述

// クラスをインポート
import five3D.display.DynamicText;
import five3D.display.Scene;
import five3D.display.Sprite;
import five3D.utils.Drawing;
// _rootに宣言
var scene:Scene = new Scene(this);
var root:Sprite = scene.getRoot();
//ここからが文字を描画する
var text:DynamicText = root.createDynamicText("text", 4);
//↓フォントの指定
text._typography = five3D.typography.HelveticaBold;
//↓フォントのサイズの指定
text._size = 100;
//フォントの色の設定
text._color = 0x000000;
//表記したい文章を""の中に記述
text._text = "[k]id";
//位置 _x=横 _y=縦 
text._x = 100;
text._y = 100;

と記述すると↓こんなかんじ

ページトップへ