CSSの疑似要素::before及び ::afterでcontent要素をリセット(打ち消す)方法 | 東京都世田谷区 ホームページ制作 [k]id

CSSの疑似要素::before及び ::afterでcontent要素をリセット(打ち消す)方法

Category CSS Update 2015.06.22

twitterfacebookgoogle+はてなブックマークPocketであとで読むfeedlyで購読

1、疑似要素が既に設定されている時の対処

ブログのカスタマイズ等で、既にCSSの疑似要素beforeやafterがすでに設定されていて
content要素を打ち消さなければいけない事がありました。

通常は

h3:before {content:"●";}
span:before {content:"『";}
span:after {content:"』";}

等で新規に指定していくと思うのですが、既に指定されていて、
contentを解除したい場合はリセットをしなければなりません。

2、content要素をリセットする方法

content要素をリセットする場合はbackground要素と同じく、noneでリセットをして下さい。;

h3:before {content:none;}
span:before {content:none;}
span:after {content:none;}

 

ページトップへ
kid