学ぶということ | 東京都世田谷区 ホームページ制作 [k]id

学ぶということ

Category 学ぶということ Update 2011.11.24

twitterfacebookgoogle+はてなブックマークPocketであとで読むfeedlyで購読

兼ねてからの望みだった語学(英語)の勉強をはじめました。

運良くここ2年ぐらい、海外と繋がりのある方とお仕事をさせていただいたり、
海外に留学orお仕事で赴任していたりする知人の話を伺う機会が多く
自分の視野の狭さに嫌気を感じていました。

仕事柄、海外のWEBサイトやblogを1日に100件ほどいつも目にしているので、英語アレルギーというわけではないのですが、私の英語レベルは中学1年生レベルで止まってしまっています。
そのため、いざ勉強をするにしても「どこから始めたものか」と思案していました。
そこで現在スペインに留学中の友人に相談し、facebookで友人を紹介していただきました。

っといったところで先日、急展開でSkypeで会話をしていただける事に!

結果としては全く話す事ができず、迷惑かけっぱなしだったのですが、お話をしてくださった方のお人柄とティーチングが素晴らしく、私なりにこれから勉強すべき目標を見つける事ができました。

まぁ英会話スクール等に通っている方はこんな事を考えないのでしょうが、私の性格上スクールに通ってしまうとどうしても甘えてしまってテキスト勉強で満足してしまい、向上心がなくなってしまうのです。。。

実際に会話をしてみて私が反省し、「向上しなくては!」と思った項目としては

はっきりと自己紹介をする。

これから知り合う世界の方々はみんな初対面。
お仕事同様、自分が何を職業としてやっているのか、
何を得意として真剣に仕事をしているのかをちゃんと説明できるようになりたいです。

自分の興味ある事を日々英語で考えてみる

趣味や休日の過ごし方を日本語で考えるのではなく直で英語で考えてみる。
やはり日本語で考えて訳そうと思っても、いざ会話になると全く無理でした。
やっぱ日々の鍛錬と瞬発力ですね。

世界の文化に興味をもつ

今回はSweden在住の方とお話をさせていただいたのですが、
私の中でのSwedenとはTore JohanssonとIKEAくらい。。。。
もっと色んな文化について興味をもたなければと思いました。

モチベーションについて

先生とかではなく、知人に紹介していただいた方なので、
全く会話が出来ない事に、もどかしさを感じました。
おそらくこの感情が一番大切で、もっと話せるようになって友達になりたい!
という感情が言語習得への近道のような気がします。

まとめ

今回は運良く友人の紹介でお話をする機会が出来たわけですが、
実際の会話をしてみて、より一層勉強(コミュニケーション)したいという実感を得る事ができました。

ページトップへ
kid