WordPressをローカルでデバッグするときの「WP_SITEURL」「WP_HOME」設定 | 東京都世田谷区 ホームページ制作 [k]id

WordPressをローカルでデバッグするときの「WP_SITEURL」「WP_HOME」設定

Category WordPress Tips Update 2015.06.12

de-bag
twitterfacebookgoogle+はてなブックマークPocketであとで読むfeedlyで購読

WordPressをビジネス等で利用している場合

WordPressをビジネス等で利用している場合、
初期構築やクライアントチェック用にローカル環境でサイトクローンを
一時的に作らなくてはいけないケースが多々あると思います。

その際、My SQLやphpMyAdminでドメイン名を書き換えローカル対応すると思うのですが、
下記の方法でWordPressの「WP_SITEURL」「WP_HOME」を上書きし、デバック環境に適合する事ができます。

wp-config.phpにコードを追記

下記のコードをwp-config.phpに追記します。
通常wp-config.phpはインストールディレクトリにあると思います。

define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST']);
define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST']);

 

上記コードにてWordPress中のWP_SITEURLとWP_HOMEを現在表示しているドメインに上書きをしています。
設定画面の一般設定で確認してみるとWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)が非表示になり
編集不可になっています。

domain

 

ページトップへ