XAMPP MacでImageMagickを使える様にする方法 | 東京都世田谷区 ホームページ制作 [k]id

XAMPP MacでImageMagickを使える様にする方法

Category Movable Type Tips,WEB Tips Update 2011.06.02

twitterfacebookgoogle+はてなブックマークPocketであとで読むfeedlyで購読

Macintoshでローカルにチェック環境を作るときには
MAMPXAMPPを利用されている方が多いと思うのですが、
Movable Typeを導入するには若干癖があり
XAMPPを利用されている方も多いのではないでしょうか。

しかしインストールしたてのXAMPPにはImageMagickが導入されておらず、
Movable Typeの画像加工系のプラグインで若干支障がでてしまいます。

そこで今回は導入までの手順をご紹介します。

MacPortsをインストール

まずはパッケージの管理の為にMacPortsをインストール
ここから最新版のMacPortsのDMGをダウンロード
私はMacPorts-1.9.2-10.6-SnowLeopard.dmgを選択しました。

落としたDMGをマウントしパッケージをインストール。
インストール後、パスを通す為にホームディレクトリの.bash_historyを
エディタで開き以下を追加

# MacPorts Installer addition on xxxx-xx-xx_at_xx:xx:xx: adding an appropriate PATH variable fo
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
# Finished adapting your PATH environment variable for use with MacPorts.

となっているので

export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

を追加し保存終了。

ターミナルで作業

ターミナルを起動し、下記のコマンドを入力

sudo port selfupdate

↑とりあえず最新にアップデート

sudo port -v sync

↑リストを更新

port search imagemagick

↑imagemagick があるかチェック
Found 5 ports.等出ればOK

$ sudo port install ImageMagick

↑まずは ImageMagickをインストール
(けっこう時間かかります。)

port search ImageMagick +perl

↑ImageMagick +perl のチェック
Found 5 ports.等出ればOK

$ sudo port install ImageMagick +perl

ImageMagick +perlをインストール
(これも若干時間かかります。)

その後にDB関連のモジュールをインストールします。
(列記します。)

$ sudo port install p5-dbi
$ sudo port install p5-dbd-mysql
$ sudo port install p5-dbd-sqlite
$ sudo port install p5-dbd-sqlite2

せっかくなのでオプションで使用するモジュールもついでにインストール。
(列記します。)

$ sudo port install p5-gd
$ sudo port install p5-crypt-dsa
$ sudo port install p5-archive-zip
$ sudo port install p5-xml-atom
$ sudo port install p5-mail-sendmail
ターミナルで設定

MTのperlパスが
#!/Applications/xampp/xamppfiles/bin/perl
になってる場合は下記

$ sudo mv /Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/perl /Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/perl_BackUp
$ sudo ln -s /opt/local/bin/perl /Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/perl

MTのperlパスが
#!/usr/bin/perl の場合は下記

$ sudo mv /usr/bin/perl /usr/bin/perl-backup
$ sudo ln -s /opt/local/bin/perl /usr/bin/perl

現状使用しているperlを非使用に設定し、
MacPortsでインストールしたディレクトリに設定。

mt-config.cgiの設定

最後にmt-config.cgiにDBSocketを追加

DBSocket /Applications/xampp/xamppfiles/var/mysql/mysql.sock

以上で設定が出来るはずです。

ページトップへ